キズナシッター トップ > 東京都 > 足立区 > シッタープロフィール

現役ママ。ご家庭とのコミュニケーションを大切にし、お子さまの成長のお手伝いをいたします。

東京都 > 足立区
JR常磐線各駅停車 > 北千住駅
1,600円/時間
預かり年齢 0歳〜12歳、3人まで
年齢 40代
性別 女性
経験・資格 保育士
ご覧いただきありがとうございます。

会社勤めをしておりましたが、自身の出産と育休を期に、もっと子供や親御さんに関わる仕事をしたいと思うようになりシッター登録させていただきました。

お忙しいお父様お母様たちの、お仕事やご家庭の事情のみならず、息抜きのお時間も大切にしていただけるよう、
お手伝いをさせていただけましたら幸いです。

<<保育経験>>
・保育士資格あり。
・家庭教師(小学生)、ファミリーサポートの経験あり。
・自身の子育てでは、超低体重児の育児経験あり。
発達がゆっくりなお子さんや、0歳から保育園をご利用のご家庭のお悩みにも、寄り添ってお話しさせていただけるかと思います。

<<心がけていること>>
ひとりひとりが違う、お子様の個性を尊重して大切に関わってまいりたいと思っております。
事前にご家庭の方針をお伺いさせていただき、お子様の性格や興味に寄り添いながら、楽しい時間を過ごせるよう努めてまいります。

<<趣味・特技>>
ピアノ(クラシック)が得意です。
音当て練習をしたり、譜読みのドリル学習などはお教えできると思います。
絵本の読み聞かせは図書ボランティアなども含め頻繁におこなっております。
好きな絵本作家さんは、かこさとしさん、松谷みよ子さん、五味太郎さん、高畠那生さん、長新太さん、長谷川義史さん などなど多数。(ここには書ききれませんでした)

折り紙、切り紙も大好きです。恐竜などを作ります。

20年近くIT関連の仕事をしておりましたので、メディア(DVD、PC、タブレットおよびスマホ端末)との関わり方についてのご相談などにもお答えできるかと思います。


お子さまが楽しい時間を過ごせますよう、また
親御様が安心してご利用いただけますよう、
お子さまに関わる大人の1人として、成長のお手伝いをさせてください。
どうぞよろしくお願いいたします。

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 1,600/時間
2人 ¥ 1,800/時間
3人 ¥ 2,000/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 0/時間
1歳 ¥ 0/時間
2歳 ¥ 0/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

JR常磐線各駅停車 > 北千住駅
JR常磐線快速 > 北千住駅
つくばエクスプレス > 北千住駅
東京メトロ千代田線 > 北千住駅
東京メトロ日比谷線 > 北千住駅
東武伊勢崎線 > 北千住駅

保有資格

保育士資格

キズナシッターからのコメント

家庭教師やファミサポのご経験をお持ちのベビーシッターさんです。ご自身も子育て中で、発達がゆっくりなお子さんや0歳から保育園をご利用のご家庭のお悩みにも、寄り添ってお話しいただけると思います。ご家庭とのコミュニケーションを大切にし、お子さまの成長のお手伝いをしたいとキズナシッターのお仕事への意気込みを語ってくださりました。お子さんの個性を尊重し、性格や興味に寄り添いながら、楽しい時間を過ごしていただけると思います。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
日本テレビ「スッキリ」にキズナシッターがコメンテーターとして出演いたしました。
日本テレビ「スッキリ」にキズナシッターがコメンテーターとして出演いたしました。
子どもの保育園や習い事の送迎サービス。ベビーシッターの活用方法とは?
急な残業や用事ができてしまい、子どもの保育園や習い事のお迎えに行けないとき、周囲に頼れる祖父母やママ友がいないと困ってしまうものですね。そのようなとき、気軽にベビーシッターの送迎サービスを利用できることをご存知ですか?ここでは、ベビーシッターの送迎サービスの活用方法やキズナシッターのサービスについて詳しく紹介します。
ベビーシッター利用で点数を獲得?調整指数における加点とは
保育園の入園に欠かせない選考基準の点数。点数が高いほど、入園の確率が上がりますが、都市部を中心にフルタイムの共働きであっても、入園できない現状があります。そこで、注目したいのが、調整指数においてベビーシッター利用が加点対象になることです。ここでは、ベビーシッター利用で狙える加点について詳しく紹介します。