キズナシッター トップ > 東京都 > 中野区 > シッタープロフィール

心の拠り所に😊

東京都 > 中野区
東京メトロ丸ノ内線 > 新中野駅
1,600円/時間
預かり年齢 3歳〜12歳、2人まで
年齢 20代
性別 女性
経験・資格 幼稚園教諭
はじめまして🌼


今年の3月に幼児教育系の大学を卒業致しました。

卒業後は、
多様な人々が集まる場や空間、居場所作り
(親子が安心して過ごせる場所も)に興味があり、

場や空間を作ることを仕事にしたく
お店、という場を借りてなにかできないかと、
飲食店に勤めていました。

しかし、
人と関わるというよりかは、
やはり飲食の要素が強く、

お店での経験を経て、
改めて、人と直接関わる仕事がしたい、
と再認識しました。

昔からこどもからお年寄りまで
とにかく多種多様な人々と一様に関わることが好きでした。


お店に来てくださっていた親御さんやお子様との
関わりも楽しく、もう一度こどもたちと関わりたい、
と心から思いました。


長くなりましたが、
といった経緯で、ベビーシッターを始めました!

今までの経験と致しまして、
下記を参考にしてくださると幸いです。😊



《実習》

保育園 (2週間)

幼稚園 (1ヶ月)

就労支援施設 (2週間)

知的障がい者支援施設 (2週間)


多様な場所で実習をさせて頂きました。


《ボランティア、インターン》

・児童養護施設 (赤十字こどもの家)

 月に一度の活動 3年間

 (お昼寝~おやつ~午後あそび、まで一緒に過ごす)


・児童養護施設 (広尾フレンズ)

 月に一度の活動 2年間

 (幼児から小学校高学年までのこどもたちに
遊びや活動を提供し、一緒に遊ぶ)



実際に現場に出ていた経験は少ないので、
ベテランのシッターさんたちとはほど遠いですが、

自分なりに柔軟性を持って、
その子の個性やペースを大切にし、
安心安全に、
一緒に楽しい時間を過ごせれば良いな、

と思っております。(о^_^о)



ここまで目を通して下さり、ありがとうございます。

まずはお気軽にご相談、ご依頼ください。


沢山のこどもたちに会えること、楽しみにしております!



🆕《追記》


7月から都内児童館で働くことになりました。

単発、又は不定期でのシッターであれば、
可能であります。◎

スケジュールは仕事の予定を見ながら、
その都度、登録させて頂きます。




どうぞ宜しくお願い致します。

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 1,600/時間
2人 ¥ 1,600/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 0/時間
1歳 ¥ 0/時間
2歳 ¥ 0/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

東京メトロ丸ノ内線 > 新中野駅
東京メトロ丸ノ内線 > 中野富士見町駅

保有資格

幼稚園教諭免許

キズナシッターからのコメント

1対1での丁寧に子ども達と関わる保育がしたいという想いを持っているベビーシッターさんです。集団での保育の素晴らしい点を知った上で、今後は個別の保育を通して、子ども達のために仕事をしていきたいという想いを持っているベビーシッターさんです。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
日本テレビ「スッキリ」にキズナシッターがコメンテーターとして出演いたしました。
日本テレビ「スッキリ」にキズナシッターがコメンテーターとして出演いたしました。
子どもの保育園や習い事の送迎サービス。ベビーシッターの活用方法とは?
急な残業や用事ができてしまい、子どもの保育園や習い事のお迎えに行けないとき、周囲に頼れる祖父母やママ友がいないと困ってしまうものですね。そのようなとき、気軽にベビーシッターの送迎サービスを利用できることをご存知ですか?ここでは、ベビーシッターの送迎サービスの活用方法やキズナシッターのサービスについて詳しく紹介します。
ベビーシッター利用で点数を獲得?調整指数における加点とは
保育園の入園に欠かせない選考基準の点数。点数が高いほど、入園の確率が上がりますが、都市部を中心にフルタイムの共働きであっても、入園できない現状があります。そこで、注目したいのが、調整指数においてベビーシッター利用が加点対象になることです。ここでは、ベビーシッター利用で狙える加点について詳しく紹介します。