キズナシッター トップ > 埼玉県 > ふじみ野市 > シッタープロフィール

公立保育園勤務、託児所勤務、障害児保育経験あり。男女2児の母。幼児安全法支援員。上級救命認定保有。認定セラピストです♪

埼玉県 > ふじみ野市
東武東上線 > ふじみ野駅
2,000円/時間
預かり年齢 0歳〜12歳、2人まで
年齢 30代
性別 女性
経験・資格 保育士
こんにちは!

みなさん、元気に楽しく過ごされていますか?
子育て、家事、仕事疲れしていませんか?

いつも笑顔でいなきゃ、なんて思わないで頼れる所は頼って下さい(o^^o)
親御さんの気持ちは、お子様にすぐに伝わります。

私は主に公立保育園で0歳、1歳、2歳、3歳、4歳5歳児、障害児のお子さんをみさせて頂き、かつ認可型託児所でも働かせて頂きました。

後に子育てして頑張ってらっしゃる親御さんのケアもしたいと思い、エステの道に進みました。

ですので、産前産後のケア、日々感じる疲れ、いつまでも若々しくいたい、など心身のアドバイス、運動のアドバイスなどもさせて頂ければと思います!骨盤調整も出来ますので、お子様の姿勢のアドバイス等もお受けいたします(o^^o)マッサージ等もご相談に応じます。
祖父は小児科医なので、何か専門にお困りの事があれば聞くことも可能です。

6月に上級救命技能取得予定、幼児安全法支援員資格取得しました!

ピアノも大学まで習っていたので、簡単なものでしたらみることも出来ます♪英語は簡単な会話程度なら大丈夫です!

お子さんの健やかな成長は勿論のこと、親御さんのやりたい事の応援も出来たらなと思っています!

私自身、挑戦したい事がまだまだあります!一緒に長い人生を少しでも楽しめる生活に出来るよう、お手伝いさせて頂ければ嬉しいです。

9月からサービス開始予定ですので、目に留めておいて頂けると嬉しいです(^^)
それ以前にご要望な方はご連絡下さい!

よろしくお願い致します!

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 2,000/時間
2人 ¥ 2,700/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 100/時間
1歳 ¥ 0/時間
2歳 ¥ 0/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

東武東上線 > ふじみ野駅

保有資格

保育士資格

キズナシッターからのコメント

公立保育園勤務、託児所勤務、障害児保育経験をお持ちのふじみ野市のベビーシッターさんです。保育士資格のほかにも幼児安全法支援員、上級救命認定保有、認定セラピストをお持ちで、現在ご自身も2児のお母さんだそうです。
保育園では0歳児~5歳児、そして障がい児と幅広くお子さんと関りをお持ちだったそうです。子育て中のお母さんのケアのため、エステの勉強もされたそうなので、産前産後のケア、日々感じる疲れ、いつまでも若々しくいたい、など心身のアドバイス、運動のアドバイスなどもいただけると思います。骨盤調整でお子様の姿勢のアドバイスやマッサージもできるそうです。ピアノや簡単な英会話まで、幅広くサポートしてくださる頼もしい印象のベビーシッターさんです。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
【体験談】産後の育児疲れを感じたとき。具体的な解決方法とは
産後は、ママの体調が少しずつ回復していく期間でもありますが、慣れない子育てのなかで育児疲れを感じているママもいるのではないでしょうか。なかには、育児疲れに対して、どのように対応していけばよいのか悩みを抱えている方もいるようです。今回は、育児疲れを感じたときの体験談を交えながら、産後の育児疲れの解決方法を紹介します。
子どもを一時的に預ける場所の種類。預け先の具体的な活用法とは
日頃、子どもを保育園などに預けていない場合や、預けている場合であっても一時的に子どもを預けられる場所を知りたいと思う方もいるのではないでしょうか。しかし、預けたい理由に応じて、どんな預け先があるのかわからない方もいるようです。そこで今回は、子どもを一時的に預ける場所の種類や、具体的なシーンに応じた活用内容を紹介します。
【体験談】産後に疲れやすいと感じたとき。対策方法や息抜き時間の工夫とは
産後は、夜中の授乳や慣れない育児に追われ疲れやすいと感じるママもいるのではないでしょうか。なかには、疲れを感じたときに、どのように対応すればよいのか悩みを抱えている方もいるようです。今回は、ママが疲れを感じたときの体験談を交えながら、産後の疲れに対しての対策方法や息抜き時間の工夫について紹介します。