キズナシッター トップ > 大阪府 > 大阪市 > シッタープロフィール

保育歴5年目、2歳児クラスの担任経験豊富☆ お子様、親御様にとって心の拠り所となるシッターに!!

大阪府 > 大阪市
1,600円/時間
預かり年齢 2歳〜12歳、2人まで
年齢 20代
性別 女性
経験・資格 保育士/幼稚園教諭
日々の子育て、お仕事を頑張っていらっしゃる親御様の味方です!
お子様、親御様が共に笑顔で過ごせるお手伝いをさせて頂きます。

❁保育士を目指したきっかけ
私は幼い頃から保育士になることが夢でした。
子どもの頃は、毎日泣いて登園するほどの寂しがり屋でしたが、先生がいつも側で手を握ってくれたり、優しく声をかけてくれたおかげで、安心して幼稚園に通うことができるようになりました。
そしてその先生に憧れて、念願だった保育の道に進みました!

❁ベビーシッターへの転身の理由
これまで幼稚園で1年間、保育園で3年間の勤務経験があります。
沢山の子どもたちと関わることのできる保育園での仕事で、毎日やりがいや幸せを感じていましたが、集団保育の場ではどうしても、子ども一人一人の思い、やりたい気持ちをじっくりと聞いて、向き合ってあげるということが難しく、どうすればもっと子ども達に寄り添った保育ができるのかと考えていました。
そんな時このベビーシッターという働き方があることを知り、本格的に活動を始めました!

❁保育中に心がけていること
◎お子様に笑顔いっぱいの有意義な時間を過ごしていただけるように…
◎親御様に安心して預けていただけるように…
安全第一でシッティング致します。
またその時々のお子様の気持ちに寄り添い、思いを受け止めながら丁寧な関わりを大切にします。

❁特に2歳児クラスの担任経験が豊富
幼稚園、保育園に勤めていた4年間は2歳児クラスを中心に受け持っていました。
イヤイヤ期で有名な2歳児。親御様にとっては大変な時期で悩みもつきませんよね。
私の今までの経験からお伝えできること、お力になれることを全力でサポートさせて頂きます!

❁様々なニーズにお応え
○自分の時間を作ってリフレッシュしたい
○夫婦でゆっくりお出掛けしたい
○家事や掃除を済ませたい
○イベント、講演会の間に見てほしいなど…

日々子育てをされていると、ゆっくり自分の時間を作ることは難しいですよね。
何より親御様が笑顔でいられることが、お子様の情緒の安定にも繋がります。
サポートをお願いしようか迷っておられる方も、ぜひ勇気を出して安心してご依頼下さいね!

製作、絵本、保育のことなどをインスタグラムにて紹介しております。
ご興味を持たれましたらぜひご覧ください❁
Instagram→aya_babysitter

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 1,600/時間
2人 ¥ 1,800/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 0/時間
1歳 ¥ 0/時間
2歳 ¥ 0/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

保有資格

保育士資格
幼稚園教諭免許

キズナシッターからのコメント

保育歴4年、一人一人のお子様としっかりと寄り添い保育したいとの思いでキズナシッターにご登録くださりました。その時々のお子様の気持ちに寄り添い、思いを受け止めながら、丁寧な関わりを大切にしたいとベビーシッターのお仕事への熱意を語ってくださりました。育児の大変さに寄り添いながら、頼もしいサポート役になっていただけると思います。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
日本テレビ「スッキリ」にキズナシッターがコメンテーターとして出演いたしました。
日本テレビ「スッキリ」にキズナシッターがコメンテーターとして出演いたしました。
子どもの保育園や習い事の送迎サービス。ベビーシッターの活用方法とは?
急な残業や用事ができてしまい、子どもの保育園や習い事のお迎えに行けないとき、周囲に頼れる祖父母やママ友がいないと困ってしまうものですね。そのようなとき、気軽にベビーシッターの送迎サービスを利用できることをご存知ですか?ここでは、ベビーシッターの送迎サービスの活用方法やキズナシッターのサービスについて詳しく紹介します。
ベビーシッター利用で点数を獲得?調整指数における加点とは
保育園の入園に欠かせない選考基準の点数。点数が高いほど、入園の確率が上がりますが、都市部を中心にフルタイムの共働きであっても、入園できない現状があります。そこで、注目したいのが、調整指数においてベビーシッター利用が加点対象になることです。ここでは、ベビーシッター利用で狙える加点について詳しく紹介します。