キズナシッター トップ > 神奈川県 > 相模原市 > シッタープロフィール

保育歴は13年です。小規模保育園にて園長経験があります。子ども一人ひとりに合った保育を心掛けています(o^^o)

神奈川県 > 相模原市
小田急江ノ島線 > 東林間駅
1,600円/時間
預かり年齢 1歳〜12歳、2人まで
年齢 30代
性別 女性
経験・資格 保育士/幼稚園教諭
はじめまして。

プロフィールをご覧頂きありがとうございます。
私は専門学校卒業後、約10年幼稚園に勤めていました。2歳の未就園児クラスをはじめ3-4-5歳と全ての学年のクラス担任をさせて頂きました。

様々な子ども達と出会い、色々な経験をし最高に楽しくかけがえのない時間を一緒に過ごしました‼子ども達のおかげで私自身も大きく成長をすることが出来ました。

退職後、夢であった語学留学をしにオーストラリアへ。そこではたくさんの国籍の方と関わり貴重な体験をすることが出来ました。また、旅行を楽しみながらも学校へ行き、子どもに英語を教えられる資格を取ってまいりました。

帰国後はインターナショナルプリスクールにて2年、自身の経験を活かしたいという思いで勤めました。
文化の違うネイティブ講師達と関わりながら、お互いを認め合う大切さを改めて学びました。

その後、縁があり小規模保育園の園長として勤務しておりましたが、やはり自分が子どもにもっと関わりたいという思いが捨てきれず、個々に密に関わる保育で子ども達と関わって行きたいとな思いシッターへの登録をさせて頂きました。そして、働くお母さん達のお手伝いが少しでも出来たらなと思っております。

子供たちの未来と、可能性は無限大です!
その可能性を開花させるには、幼少期のたっぷりの愛情がとても必要です。
今までもそうでしたが、今後も自分が縁あって関われる子ども達には出来る限りの愛情を注ぎ関わっていきたいと思っております。


最後に私自身の紹介です。
趣味は旅行、写真を撮ること、新しいことをすること、美味しいものを食べること、楽しい時間を過ごすことです。時々、父親と一緒に登山にも出掛けたり、休日にはのんびりウォーキングなどもして自然に触れてリラックスをしています。

最近の1番の挑戦はホノルルマラソンへ挑戦しました!

もし、気になって頂けたらお気軽にご連絡下さいね(o^^o)
新しいお子様との出会いを楽しみにしています😊

☆地域によっては、対応出来兼ねる時間と場所がございますこと、ご了承くださいませ

最後まで見て頂きましてありがとうございました‼
どうぞよろしくお願い致します。

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 1,600/時間
2人 ¥ 1,800/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 0/時間
1歳 ¥ 100/時間
2歳 ¥ 100/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

小田急江ノ島線 > 東林間駅

保有資格

保育士資格
幼稚園教諭免許

キズナシッターからのコメント

10年近い幼稚園勤務経験のある幼稚園の先生です。3歳児、4歳児、5歳児の担任を務められたほか、未就園児クラスも担当されたそうです。「子供たちと接することで私も成長させてもらった」とお話してくださった謙虚な姿勢が印象的な方でした。オーストラリアへの英語語学留学のご経験も有るので、英語を子供に触れさせたい・学ばせたいというママさんパパさんにおすすめです。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
日本テレビ「スッキリ」にキズナシッターがコメンテーターとして出演いたしました。
日本テレビ「スッキリ」にキズナシッターがコメンテーターとして出演いたしました。
子どもの保育園や習い事の送迎サービス。ベビーシッターの活用方法とは?
急な残業や用事ができてしまい、子どもの保育園や習い事のお迎えに行けないとき、周囲に頼れる祖父母やママ友がいないと困ってしまうものですね。そのようなとき、気軽にベビーシッターの送迎サービスを利用できることをご存知ですか?ここでは、ベビーシッターの送迎サービスの活用方法やキズナシッターのサービスについて詳しく紹介します。
ベビーシッター利用で点数を獲得?調整指数における加点とは
保育園の入園に欠かせない選考基準の点数。点数が高いほど、入園の確率が上がりますが、都市部を中心にフルタイムの共働きであっても、入園できない現状があります。そこで、注目したいのが、調整指数においてベビーシッター利用が加点対象になることです。ここでは、ベビーシッター利用で狙える加点について詳しく紹介します。