地球を旅する バイリンガル保育士(Time With Children 代表) 東京を拠点に世界中を周っています✈️

東京都 > 練馬区
西武有楽町線 > 練馬駅
2,000円/時間
預かり年齢 1歳〜12歳、3人まで
年齢 30代
性別 男性
経験・資格 保育士/幼稚園教諭
(日本語は下にあります)

Hi My name is Shingo. Nice to meet you.
I'm an English preschool teacher& Babysitter as free-lanceer (childcare giver)
I have some experience as a teacher for 13 years.
Japanese preschool(Japan),
HongKong Japqnese kindergarten,
Bali(Indonesia)2 schools,
Vancouver(Canada) 3 child care,
And English preschool as principal(Tokyo) 2016-2017

And now I started free-lance teacher in Child environment in the world.

If you have some questions,you can ask me anytime.
Thank you for reading.

Shingo☆


これまでに日本と海外での保育園と幼稚園で先生をし、その後もアジア・北米の現地プリスクール等で子どもたちと過ごしてきました。

帰国後は、東京にてイングリッシュプリスクール(日本人向け英語の保育園)の園長を経て独立。

園以外での子どもたちの環境でも幅広く活動するためにフリーランス保育士(Time With Children 代表)となりました。

現在は 午前中にベビーシッターを行い、午後は英語の幼稚園でデイケアの先生をしています。
その他にも 週末にイベントや執筆活動も行いながら 子どもたちの環境に携わっています☆

何か質問がある際は遠慮なくご連絡ください☆

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 2,000/時間
2人 ¥ 2,500/時間
3人 ¥ 4,000/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 0/時間
1歳 ¥ 400/時間
2歳 ¥ 400/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

西武有楽町線 > 練馬駅
西武池袋線 > 練馬駅
西武豊島線 > 練馬駅
都営大江戸線 > 練馬駅

保有資格

保育士資格
幼稚園教諭免許

キズナシッターからのコメント

自己紹介文が英語なことからもおわかりいただけると思いますが、英語が堪能なバイリンガル保育士さんです。アジアの国やアメリカのプリスクールでの勤務経験があり、帰国後は都内の保育園で園長も務めていらっしゃいました。グローバルな観点で子供を育てたいお父さま、お母さまは、ぜひ一度面談を依頼してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
「子育Tech Meetup」にキズナシッターが登壇しました!
12月11日(火)17時半~21時まで、Creww株式会社さま主催の「子育Tech Meet up」に、キズナシッター(保育士・幼稚園教諭・看護師100%のベビーシッターマッチングサービス)が登壇しました! 100名規模の会場は超・満員で、熱気に包まれたイベントになりました。
【取材】日米横断iOSエンジニア堤氏。エンジニアとベビーシッターは最高の相性。
保育士・幼稚園教諭・看護師の、国家資格保有者100%のベビーシッターサービス「KIDSNA キズナシッター」。キズナシッターのヘビーユーザーであり、iOSエンジニアとしても著名な堤修一さんに取材をさせて頂きました。
東京都大田区の保活事情。保育園の入園に関する点数について
東京都大田区の認可保育園では、申し込みの際に、各家庭状況に応じて付けられる点数がとても重要になりますが、それぞれの自治体によって点数付けには違いがあります。 今回は、大田区の保活事情とともに、2019年度の入園案内を参考に、選考基準について大田区の特徴を踏まえながら詳しく紹介します。