保育士歴6年!子どもたちが伸び伸びと楽しく成長していくお手伝いをさせて頂きたいです☆平日休日いつでもご相談下さい✧︎ |ベビーシッター探すならキズナシッター

保育士歴6年!子どもたちが伸び伸びと楽しく成長していくお手伝いをさせて頂きたいです☆平日休日いつでもご相談下さい✧︎

100.0点 (1回)
東京都 > 新宿区
JR中央線 > 東中野駅
1,700円/時間
預かり年齢 0歳〜12歳、3人まで
年齢 20代
性別 女性
経験・資格 保育士/幼稚園教諭
はじめまして!
プロフィールを見ていただきありがとうございます。

保育園で6年間保育士をしていました☆
主に0歳児、1歳児、2歳児クラスの経験があります。

ベビーシッターを始めるきっかけは
子どもたち一人一人の希望や興味あるのことに合わせ寄り添ってあげられるサポートをしていきたい、子どもたち一人一人としっかり向き合え、子ども達のリズムに合わせて、その興味と関心を最大限に引き出してあげられるようになりたいと思いベビーシッターを始めさせていたただきました‪‪☺︎‬

お子様の主体制を大切にしながらも保護者の方のご希望にも沿っていけるようなサービスを提供していきます。

安全に楽しく、そして生活や遊びの中で発見したことが成長に繋がるお手伝いを一生懸命させて頂きたいと思っています☪︎ *.


学生時代から水泳、柔道、フットサル、バトミントンなど様々なスポーツを経験してきましたので一緒に体を動かしたりすることを得意としています!
保育士をしていた時には絵本の読み聞かせ、工作、感覚遊び、体操、運動あそびなど保育士で培ってきた遊びも得意としています。ご希望がありましたら、ぜひお聞かせください。

スケジュール外でも日程調整可能が可能な場合もございます。保護者様のリフレッシュのためにも、お気軽にご依頼ください。お待ちしています!


✿急な延長にも対応させて頂きます!
⇒急な残業や打ち合わせが長引いたり、電車が遅れたり.....そんな時も可能な限り対応させて頂きます!

✿長時間のご依頼も短時間のご依頼も、しっかりと対応させて頂きます!
⇒半日近い長い時間も1.2時間のスポットのご依頼も柔軟に対応させて頂きます!

✿ お返事はなるべく早めを心掛けていますが、シッティング中の場合には数時間お時間いただく場合があります。


✿なるべくたくさんの方のシッティングをさせて頂きたいと思っています。その為近くにお住まいの方を優先させていただきます。電車で1時間以上かかる方のご依頼はお断りさせていただくこともあります。ご了承ください。

最後まで見ていただきありがとうございました。
ぜひ皆様のお手伝いができたら嬉しく思っております。よろしくお願い致します!

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 1,700/時間
2人 ¥ 1,750/時間
3人 ¥ 1,800/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 200/時間
1歳 ¥ 150/時間
2歳 ¥ 100/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

JR中央線 > 東中野駅
JR総武線 > 東中野駅
東京メトロ東西線 > 落合駅
都営大江戸線 > 東中野駅

保有資格

保育士資格
幼稚園教諭免許

ベビーシッターの口コミ・レビュー

100点
母親
2020年07月16日
本日は面談ありがとうございました。
楽しみにしております。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
兄弟育児をして疲れたと感じるときは?辛いと感じるときの対処法
兄弟がいる子どもの育児をしているママやパパのなかには、辛い、疲れたと感じることがあるかもしれません。今回は、兄弟の育児で疲れたと感じるときや兄弟の育児で疲れたときの対処法、育児に疲れたときの子どもの預け先について、体験談を交えてご紹介します。
【お知らせ】お盆期間のサポートデスクの営業について
ダブルケアをしながら仕事もしているママやパパの対応。子育てと介護を行なうための工夫
ダブルケアをしているママやパパは、仕事と子育てと介護をどのようにしていけばよいのか悩むこともあるかもしれません。今回は、ダブルケアが必要になった場合の対応の仕方や、親を介護するときの子どもの預け先、ダブルケアで疲れたときに意識したことを、ママやパパたちの体験談を交えてご紹介します。