新潟県新潟市で女性のベビーシッターを探す

検索結果 1 件
1

新潟市新潟県で女性のベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう新潟市新潟県で女性のベビーシッターを探せます。「結婚を機に保育士を退職しましたが、大好きな子どもに携わりたくシッターの仕事を始めました。保育園や集団生活での経験を...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

現在、新潟県新潟市は待機児童ゼロ(2018年)を達成している時期もありますが、年度途中になると発生している状況のようです。認可保育園の入園については、年度始めの申込みが入園の確率を高くすると言われていますが、生まれた月や職場の関係で預け先に悩むことがあるかもしれません。そんなときに注目したいのが「ベビーシッター」です。ベビーシッターは、一対一の保育を通して、ひとつひとつ丁寧な関わりのなかで子どもとの関係を育みます。さらにキズナシッターでは、必ず保育士や幼稚園教諭など100%資格保有者が対応し、利用者がベビーシッターを選ぶことができます。打ち合わせをしっかり行うことで丁寧な保育を実現していくため、保護者にとっても信頼関係を築きやすく安心感が持てるでしょう。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
2歳児をベビーシッターに預かって欲しい。2歳児とベビーシッターとの過ごし方など
2歳の子どもと暮らす家庭のなかには、ベビーシッターサービスを利用してみたいと感じるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、いつからベビーシッターサービスを利用できるのかや2歳児を預かって欲しいとき、ベビーシッター会社の選び方と2歳児とベビーシッターの過ごし方の例などを体験談を交えてご紹介します。
ベビーシッターサービスに1歳児を預けたいとき。ママたちの準備品や感じたことなど
1歳児と暮らす家庭では、ベビーシッターサービスを利用して子どもを預かってもらいたいと感じるシーンもあるのではないでしょうか。今回は、ベビーシッターサービスを利用できるのはいつからかや1歳児を預かって欲しいと感じるとき、ベビーシッターサービスの選び方と預けるときに準備したものなどを体験談を交えてご紹介します。
忙しいワーキングマザーが朝活をして変わったこと。朝活以外に利用したサービスも紹介
子育て中のワーキングマザーのなかには、朝活に興味がある方もいるのではないでしょうか。今回は、ワーキングマザーが朝活を始めるきっかけや1日のスケジュール、朝活を始めて変わったことと、朝活の他にしている工夫として家庭と仕事を両立するために利用しているサービスをご紹介します。