新潟県新潟市で1時間あたり1,000円台のベビーシッターを探す|ベビーシッター探すならキズナシッター

新潟県新潟市で1時間あたり1,000円台のベビーシッターを探す

検索結果 1 件
1

新潟市新潟県で1時間あたり1,000円台のベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう新潟市新潟県で1時間あたり1,000円台のベビーシッターを探せます。「結婚を機に保育士を退職しましたが、大好きな子どもに携わりたくシッターの仕事を始めました。保育園や集団生活での経験を...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

現在、新潟県新潟市は待機児童ゼロ(2018年)を達成している時期もありますが、年度途中になると発生している状況のようです。認可保育園の入園については、年度始めの申込みが入園の確率を高くすると言われていますが、生まれた月や職場の関係で預け先に悩むことがあるかもしれません。そんなときに注目したいのが「ベビーシッター」です。ベビーシッターは、一対一の保育を通して、ひとつひとつ丁寧な関わりのなかで子どもとの関係を育みます。さらにキズナシッターでは、必ず保育士や幼稚園教諭など100%資格保有者が対応し、利用者がベビーシッターを選ぶことができます。打ち合わせをしっかり行うことで丁寧な保育を実現していくため、保護者にとっても信頼関係を築きやすく安心感が持てるでしょう。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
ワーキングマザーが感じる小1の壁とは?学童保育や児童クラブの利用の仕方など
ワーキングマザーとして生活しているママは、学童保育や児童クラブについて知りたい方もいるかもしれません。今回の記事では、ワーキングマザーが感じる小1の壁と、小学生が利用している学童保育について、学童保育を利用できない場合の対応の仕方をママたちの体験談を交えてご紹介します。
子どもが留守番をするときの約束。気になることや子育て支援サービスの利用について
子どもの留守番の仕方について気になっているママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、安全面などの子どもが留守番をするときに気になることや、火や刃物を使わないといった留守番の約束、子どものために行なった工夫を、ママやパパたちの体験談を交えてご紹介します。
働くママを応援する子育て支援制度とは?制度の内容やママたちが利用しているサービス
働くママのための子育て支援について気になっている方もいるのではないでしょうか。今回は「子ども・子育て支援新制度」の概要や、新たにできた「地域型保育」などの働くママを支援する教育や保育の場、働くママのニーズに応じた子育て支援やサービスについて、内閣府と文部科学省、厚生労働省の資料をもとにご紹介します。