北海道札幌市で3歳、4歳、5歳、6歳に対応可能なベビーシッターを探す

検索結果 1 件
1

札幌市北海道で3歳、4歳、5歳、6歳に対応可能なベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう札幌市北海道で3歳、4歳、5歳、6歳に対応可能なベビーシッターを探せます。「公立の保育園勤務にて1、2歳児を担任。院内保育園では日勤 ・夜勤を。認可保育園では、フリーの保育士として0歳児〜5...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

札幌市は待機児童が654人(2018年10月)ですが、 特定の保育施設を希望し入所していない「利用保留児童」は1369人いる現状です。年度当初の4月では、待機児童数ゼロとなっていますが、年度途中になると大幅に増え厳しい状況がうかがえます。今後も保育を必要とする家庭の増加が見込まれるため、市では、待機児童解消を目指し施設整備を進め定員増加を図る方針です。子どもの預け先に悩んだ場合には、ベビーシッターを活用してみてはいかがでしょうか。ベビーシッターは、マンツーマンの保育のなかで、子どもの様子や思いに寄り添いながらきめ細やかな保育を行うことができるので、保護者にとっても安心感を感じられるでしょう。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
【体験談】実家に子どもを預けるときに準備したものや気をつけたこと
子育てが落ち着いたり、預け先に悩んだときに実家に子どもを預けようと検討するママやパパもいるかもしれません。しかし、何を準備したらよいのか、どんなことに気をつけたらよいのかと気になる方もいるようです。そこで今回は、体験談を交えて、実家に子どもを預けるときに準備したものや気をつけたことなどを紹介します。
居宅訪問型保育とは?利用者や保育内容について解説
居宅訪問型保育という言葉を聞いたことがありますか?「保育」と聞くと、保育園で多くの子どものお世話をするイメージを持たれる方も多いかもしれません。居宅訪問型保育は、「子ども・子育て支援新制度」によって新たにできた支援制度の一つとなり、一般的な集団保育とは異ります。そこで今回は、この居宅訪問型保育の内容について、自治体の取り組みに触れながら紹介していきます。
【取材】「BabyTech」でキズナシッターの体験レポートが掲載されました
「日本のBabyTechシーンを盛り上げること」をミッションに掲げるオンラインメディア「BabyTech(ベビテク)」で、キズナシッターの体験レポートが掲載されました。