千葉県千葉市で50代以上のベビーシッターを探す

検索結果 1 件
1

千葉市千葉県で50代以上のベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう千葉市千葉県で50代以上のベビーシッターを探せます。「子ども園、保育園、子育て支援センターでの勤務を合わせると、7年ほどの経験があります。主に乳児から3歳児を担当してま...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

現在、千葉市の待機児童は減少傾向にありますが、今後も申込者の増加が見込まれ入園しにくい状況になっています。認可保育園の入園については、加点の可能性を探ることが重要になってきますが、そこで注目したいのが「ベビーシッター」です。ベビーシッターの利用は、選考内容で加点の対象になり保活を有利に進めていくことができるでしょう。ベビーシッターは、マンツーマンの保育となるため、子どもとの距離も近く丁寧な保育を可能にします。さらに、キズナシッターでは、必ず保育士や幼稚園教諭など100%資格保有者が対応するため、専門知識を持った経験豊富な方も多く活躍しています。安心して子どもを預けられるサービスに登録し、希望にあったベビーシッター選びから始めてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
自宅保育の過ごし方。自宅保育を通して感じたことや心がけていること
子どもが生まれ、夫婦で子育てについて考える際「自宅保育」を検討する方もいるのではないでしょうか。しかし、自宅保育とはどのようなことを行うのか、子どもが大きくなったとき毎日どのように過ごしているのか気になる方もいるようです。そこで今回は、自宅保育と集団保育の違いに触れながら、体験談を交えて、自宅保育での過ごし方、行ってみて感じたことや心がけていることを紹介します。
【体験談】実家に子どもを預けるときに準備したものや気をつけたこと
子育てが落ち着いたり、預け先に悩んだときに実家に子どもを預けようと検討するママやパパもいるかもしれません。しかし、何を準備したらよいのか、どんなことに気をつけたらよいのかと気になる方もいるようです。そこで今回は、体験談を交えて、実家に子どもを預けるときに準備したものや気をつけたことなどを紹介します。
居宅訪問型保育とは?利用者や保育内容について解説
居宅訪問型保育という言葉を聞いたことがありますか?「保育」と聞くと、保育園で多くの子どものお世話をするイメージを持たれる方も多いかもしれません。居宅訪問型保育は、「子ども・子育て支援新制度」によって新たにできた支援制度の一つとなり、一般的な集団保育とは異ります。そこで今回は、この居宅訪問型保育の内容について、自治体の取り組みに触れながら紹介していきます。