保育・保活

幼児教育・保育の無償化はベビーシッターも対象。キズナシッターを上手に利用しよう

幼児教育・保育の無償化が開始されましたが、幼稚園や保育園以外の対象となる保育サービスの内容が気になる方もいるのではないでしょうか。今回は、無償化の対象者と無償化になるものやならないものをご紹介するなかで、無償化制度を利用したキズナシッターの利用の仕方をお伝えします。

幼児教育・保育の無償化が開始

幼児教育の重要性や少子化対策のひとつとして、2019年10月から幼児教育・保育の無償化制度が始まりました。子どもの保育に関する費用が無償または減額となるため、制度の仕組みが気になる家庭も少なくないようです。幼稚園や保育園以外以外には、どのようなものが無償化の対象になるのか知りたいママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、幼保無償化の内容や申請の仕方と、無償化の対象となるベビーシッターサービスのひとつとしてキズナシッターについてご紹介します。

無償化の対象になるもの

幼児教育・保育の無償化の対象となる人やサービスについてご紹介します。

対象者

今回の制度では、主に幼稚園や保育所、認定こども園等を利用する3歳から5歳までの子どもが対象になります。子どもの通う園や年齢が違うママたちに、無償化についての状況を聞いてみました。

 

「幼保無償化が開始されたとき、うちの子はすでに保育園に通っていました。我が家の場合は保育料が無料になり、無償化の対象にならない費用は園へ直接支払っています」(30歳/保育園に通う3歳児のママ)

 

「うちの子が在籍している幼稚園は、全額が無償化の対象にならない園でした。しかし、月に2.57万円までが無償になったので、浮いたお金は子どもの将来ために積み立てています」(40代/幼稚園に通う4歳児のママ)

 

「1歳の子どもを保育園に預けて共働きをしています。我が家は住民非課税世帯でないため、無償化の対象にはなりませんでしたが、2年度に年少の学年に上がるときから対象となると聞きました」(20代/保育園に通う1歳児のママ)

 

「0歳と3歳の子どもを保育園にあずけています。うちは住民非課税税世帯なので、下の子も無償化の対象になりました。保育料が無償化されたことで、家計も助かりました」(30代/保育園に通う6カ月の赤ちゃんと3歳児のママ)

 

子どもの年齢だけでなく、園や家庭の状況によっても無償化の対象になるかそれぞれ違いがあるようです。また、子どもが2人以上いる場合は保育所等を利用する最年長の子どもを第1子とカウントし、0歳から2歳までの第2子は半額、第3子以降は無料になるという制度もありました。自治体によっては、さらに独自の減免をしている場合もあるので確認するとよいでしょう。

対象になるもの

iStock.com/Rawpixel

 

無償化の対象になるものには、幼稚園や保育園での保育に関する費用以外にもあります。ベビーシッターや認証保育施設、ファミリー・サポート・センターや病児保育事業などが対象になるそうですが、利用する前に無償化の対象になるか確認しておくとよいかもしれません。

対象にならないもの

通園にかかるバス代や子どもの食事代、園の行事にかかる費用などは対象にならないとされています。ただし、年収が360万円未満相当世帯の子どもたちと、全ての第3子以降の子どもについては、おかず代などの副食費が免除される制度もありました。

無償化を受けるために

幼児教育・保育の無償化を受けるためには、自治体に申請して保育の必要性の認定を受けなくてはいけません。これから入園申し込みをする場合は、自治体の保育課などを通じて必要な書類を用意し、家庭毎に申請をする必要があります。子どもが園に在籍している場合は、園を通じて自治体に申請することもあるようなので、手続きが簡単だったというママの声もありました。

 

制度早わかり表/内閣府

 

ベビーシッターサービスの「キズナシッター」も対象に

iStock.com/stevanovicigor

 

幼児教育・保育の無償化により、認可外保育施設に含まれるベビーシッターサービスの利用料も対象になりました。ベビーシッターサービスのひとつであるキズナシッターの利用も対象になり、より多くの家庭をサポートしていける体制を整えています。

無償化制度を利用したキズナシッターの利用の仕方

 

キズナシッターを含む認可外保育施設の無償化制度を利用するためには、事前に自治体に申請して保育の必要性の認定を受けておきましょう。認定には時間がかかる場合もあるようなので、早めに手続きを済ませておくとよいかもしれません。幼児教育・保育の無償化制度を利用したキズナシッターの利用の仕方をいっしょに見ていきましょう。

対象となるシッターを検索

キズナシッターに登録を済ませたら、幼児教育・保育の無償化の対象となるベビーシッターを検索しましょう。検索方法は簡単で、アプリ内のベビーシッター検索画面の「幼保無償化対象」にチェックボタンを入れると、対象となるベビーシッターのみを表示できます。

 

アプリ内のベビーシッター検索画面の「幼保無償化対象」にチェックボタンを入れる
ベビーシッターのプロフィール画面にある「幼保無償化対象ベビーシッター」のバッジが目印です。

 

プロフィール画面にある「幼保無償化対象ベビーシッター」のバッジが目印

キズナシッターを利用

シッティング依頼を済ませた後、ベビーシッターサービスをご利用いただけます。初めて依頼するベビーシッターとは、安心してシッティングに進めるよう面談をお願いしています。顔合わせ以外にも、お子様の普段の様子や生活リズム、配慮事項についてヒアリングをします。初回の面談は1時間程度で、シッティングと同じ日に設定していただくことも可能です。

 

KIDSNAシッターご利用の流れ

利用料金の支払い

シッティング終了後、ベビーシッターから「完了報告(決済依頼)」が届きます。記載されている内容を確認していただき、ご登録していただいたクレジットカードで支払いをお願いします。

領収書を受け取る

 

キズナシッターでは、ご利用月の翌月の月初に領収書のデータをお送りします。ご確認いただいた領収書をもとに、自治体への申請ができます。

 

※領収書を受け取るために、アプリの諸設定を事前にご確認ください。
アプリ > その他 > 福利厚生・助成制度 > 幼保無償化 > 幼保無償化ベビーシッターの利用を希望する方は、利用するにチェックを入れてください。「利用する」にチェック

 

※領収書データ(PDF)はアプリにご登録のメールアドレスにお送りします。キズナシッターカスタマーサポートのメールアドレス(info-sitter@kidsna.com)の受信設定を事前にご確認ください。

自治体での手続き

支払い済みのシッティング費用は、自治体に申請・請求することで還付されます。請求手続きをするときは領収書の提出が必要になるため、大切に保管しておきましょう。手続きをスムーズに済ませられるように、事前に提出方法について確認しておくとよいかもしれません。

無償化制度は家庭の状況に合わせて申請しよう

iStock.com/polkadot

 

幼児教育・保育無償化は、国の子育て支援として保育が必要な子どものママやパパとサポートするための制度です。子どもが通う幼稚園や保育園の保育に関する費用の負担が減るので、家計が助かるというママもいました。

 

無償化の対象は、主に幼稚園や保育所、認定こども園などを利用する3歳から3歳の全ての子どもです。園や家庭の状況によっても補助内容が異なるので、事前に在籍する園や自治体に確認するとよいかもしれません。

 

自治体から「保育の必要性の認定」を受けた場合、幼稚園や保育園だけでなく、認可外保育施設も無償化の対象になります。ベビーシッターサービスのひとつであるキズナシッターも無償化の対象になるため、今まで利用したことがなかった家庭のなかには、興味のある方もいるかもしれません。

 

専用のアプリを使うことで、会員登録から支払いまでを一括で済ませられるところも、忙しいママやパパにとって使いやすいといえそうです。会員登録は無料で年会費などもかかりませんので、いざというときの預け先として、幼保無償化の対象になっているキズナシッターの登録から始めてみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://sitter.kidsna.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら